金星と地球 太陽 水星

疲れがなかなか抜けず 動いても休んでも抜けず
いつもなら 鍼灸かマッサージに行くのだけど
そういう気にもなれず
バキバキの身体と
どうしたもんかねーと時を過ごし

先日9日は 地球から見て、太陽の前に水星、太陽の後ろに金星がきれいに並ぶ日だったそう。
金星といえば 愛と美と調和の星
しかしこの星の並びの出来事は なんだかラッキーかハッピーらしいということではなく

2004,6月から、2012,6月までの間のことをヴィーナストランシットといい
今は、その中間地点
前回は明治維新の時で
明治維新のときが入り口
今がその出口
という流れだそうで。

その間 どんなことがあって どんな結果が出たのか
これからどんな未来をつくるのか

今 目をそらさずに 自分たちがつくった文化に向き合う時かなって思う。

2010年(だったと思う)宇宙ステーションが完成して
そこから観測できる結果で銀河系の全容が明らかになるときいた。
そうすると 
〝私たち(地球) どこにいるの?〟
というなぞが解けて
そうすると
私たちは 市民県民国民 
日本人 という意識から
地球人
そんな意識に変わるとも。

わくわくする***

という話を
赤城山の友達のカフェで
古代インド哲学原始仏教思想入門のワークショップで
ききました。

インドはやっぱり魅力を感じる場所。
そしてジプシーは旅に出たのではなく押し出されたのだとも感じた。

ゆったりとした時間
あぐらをかいたりストレッチしたりしながらそんなお話をきき
ハンモックにゆれ
たくさんの対話やふれあいの中で
気持ちがカチカチで身体がカチカチだってことがわかって
ゆるんでいったら
身体もゆるんで
楽になってきた。

結果はでるもので
出すものでは ない。
しなやかさ
どんなに引いても 弓そのものがしならないと
矢は遠くに飛ばないのです。。。

いつまでもとどまらないで ここから次にいかないと
淀む前に!!
[PR]
by amenouzume2007 | 2008-06-13 10:57
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30